ホールを切るグリーンキーパー




皆さんはいつもラウンドを楽しんでいるコースが、どのように整備されているかご存じですか

 

今日は、丘の公園のグリーンキーパーである山縣さんに、普段なかなか一般のゴルファーが見ることのない、カップの切り方を見せて頂きました。

まず、カップ切りを行うための道具一式を準備。カップ切りを穴を掘りたい場所に置き、ハンドルを回しながら芝を切っていきます。

 

カップ切りを垂直に入れるのも、なかなか難しく、かなりの技を要します。

カップ切りを、中に入った芝や土とともに静かに引き抜きます。

そしてもう一度、カップ切りを穴に差し込み、さらに中の土を抜きます。(二度抜き)

前日までのホールからカップを抜き取り、

今切ったホールの中にカップを埋め込み、縁をきれいにならします。

カップ切りの中の土は、バケツによけておきます。

次に、前に空いていたカップを埋める作業をします。グリーンには、表面の芝の部分とその下の土の部分があります。長い時間の経過とともに、下の土の部分は劣化して、雑菌などが繁殖しやすくなります。そこで、先ほど掘り出した土に新たに焼き砂(殺菌の為に熱処理をした砂)を混ぜて、よい土を作ります。

中に入っていたカップを取り出した後の古いホールに、芝を埋め戻した時にちょうど平らになるような深さまで、その土を埋め戻します。こちらは、カップを切るよりも大変な神経を使う作業です。埋め戻した跡が出来るだけ残らないよう、埋めた芝が枯れてしまったりすることが無いよう、細心の注意が必要です。

切り取った芝の裏側の根を少し切ってきれいにし、埋めた土の上に載せます。

プレーヤーのボールが古いカップ跡の上を通過するときに跳ねないようにしたいという心遣いから、周囲を何度も確認して手でなでたり抑えたりして平らにしていきます。

埋め戻した芝生を上から押さえて回りと段差が出来ないようにして、さらに芝生に丸い後が残らないように周りを馴染ませます。

 

―ココが一番気を使うところです―

見事にカップの切り替えが出来上がりました。

カップ周りがいたまないように、

また芝生の根がどこまで伸びているかなど、グリーンキーパーのプロフェッショナルな気配りも感じました。


プレーヤーはいつも、コースの状態を良好に保つ努力がどのように払われているか、殆ど気付かずにプレーしていますね。これから順次、コース管理の仕事をご紹介していきますので、プレーしながら「あ、ここは上手に刈ってあるな」とか「ここは大変だったろうな」とか考えながらコースを楽しんでください。


 

                                                                                         岩原 勇


ゴルフ雑学(カップ周りでの落とし穴)

ラウンドをしていると、見逃しそうな僅かな変化に気がつくことがあります。そのようなちょっとした気付きや、練習のための器具など、ゴルフを取り巻く「雑学」について、解説していくことにしましょう。ここでは、グリーンキーパーが丹念に整備した「カップ周囲」の変化を見てみましょう。

カップ周りの観察

芝の目を読むことはなかなか難しいものです。しかし、ホールを観察してみると、意外なことに気が付きます。そのカップ周りの削れ方で、カップ周辺の芝の目がよみとれるンですね。

 

左の写真下部と上部のカップの切り口を比べてみてください。写真下部は切り口が崩れて見え、上部は切り口がきれいに見えます。この見え方から判断すると、芝生の目は写真上部から下部へ向かっていることがうかがえる、というわけですね。


カップ周りでの暗黙のルール

ツアーでは、ボールをカップから拾うときに、カップのふちを傷つけないようにする為、「カップのふちを踏まない」というような暗黙のルールがあります。気のきいたゴルファーは、無意識のうちにしていることですが、カップを傷つけない配慮と、平等にプレーするためのフェアー精神の表れといえるでしょう。カップ周りの30センチくらいは踏まれることがないということは、プレーが進むにつれ、カップ周り30センチの外側は、どんどん踏まれて芝生は倒れ、グリーンは固くなるということになります。

ラウンドの後半で、ジャストタッチでカップに近寄っていったボールが、カップ際で左右にそれやすいのは、このカップ周りが盛り上がっているためです。したがって、ラウンドの後半のパッティングは、このドーナッツのような、カップ周りの盛り上がりを乗り越えられる程度の勢いが必要になることになります。終盤にさしかかったら、短いパットでもしっかり打てるプレーヤーが勝利をつかむ、というわけです。

残り1mのパットを、外してはいけません。そのためには、「必ず入る!」という信念を持たなければ。これを確信できる器具が、このスチールのレール。断面は、馬の背のごとく、盛り上がっている。フラットな馬の背を、丸いボールが、1m転がること自体、奇跡に近い。しかし、これを繰り返し練習することにより、ボールの横回転と縦回転を見極めることができます。「必ず入る!」を、是非、体験してみてください。

 

後は、芝目を読めるかが問題ですが。。。。



丘の公園清里ゴルフコースのイベントとして、毎年、春と秋に「パッティングレッスン会」を実施しています。レストラン前のパッティンググリーンにて、ツアープロが試合の合間に使う練習器具などを並べ、お客様に体験していただいております。ちょっとした気づきがスコアアップをもたらします。是非、ご参加ください。