2019年全米オープン観戦レポート

 

昨年から岩原プロのレッスンを受けている白野(しろの)です。
昨年の全英オープン(セントアンドリュース)に続き、今年は全米オープン(ペブルビーチ)のレポートをお送りします。
(観戦したのは予選の2日目、金曜日です。)

 

 

 

ゴルフ好き・企画好きの高校時代の友人たちがいて、最近たまに彼らのツアーに同行するようになりました。
旅行会社のツアーに参加するのではなく、飛行機・ホテル・入場券等の手配や移動を自分たちでする手作りツアーです。
今年のツアーはペブルビーチ開催の第119回全米オープン。
プロの試合の観戦が生涯5回程度と全然観戦好きではない私なので、かなり独断と偏見の適当なレポートであることはご了解下さい。

 

 

 

◆ペブルビーチ

 

今回の開催コースのペブルビーチ・ゴルフリンクスはサンフランシスコから車で2時間ほどの高級リゾートです。

 

今年はペブルビーチのオープン100周年でそれに合わせて全米オープンを開催したようです。
宿泊施設とゴルフ場が一体となっており、フェアウェイを眺めるようにコテージが立ち並んでいて、のんびり観戦している人もいます。
1972年以来全米オープンが5回開催されていて優勝者はニクラウス、ワトソン、ウッズ等々有名どころが名を連ねています。

 

会場へのアクセスは、公式の駐車場に車を停めて、そこから送迎バスに乗ります。
私たちが使用した駐車場はカーメルという町にありましたが、その駐車場の広大さにまずはびっくり。
そこから会場までは30~40分もかかります。

 

 

 

◆手ぶら観戦

 

曇りがちで傘やカッパが必要な肌寒い天候でした。
当然ナップサックにいろいろ入れて観戦しようとしたところ、バス乗り場の荷物検査でひっかかりました。
持ち込み禁止物の看板を見ると、一番上に書かれているのが"weapon(武器)”、やはりテロや銃乱射が日常の国です。
6
インチ(15cm)四方のバッグしか持ち込めないので、当然リュックサックやナップサックは駄目です。
食べ物も飲み物も全く駄目です。
折り畳みのイスや傘は手に持てばOKですが、多くの人は手ぶらでの観戦です。

 

 

 

◆観客数

 

会場内は平日(金曜日)でありながら私の予想を遥かに上回る観客数でした。
一体どのくらいの人数なのかとネットで検索しましたが、全米オープンの観客数はわかりませんでした。
しかし興味深い記事を発見。
https://toyokeizai.net/articles/-/210500
アメリカで一番観客の多いフェニックスオープンは1週間の観客数合計が何と70万人!だそうです。
ちなみに日本の男子ゴルフの観客数は1年間合計で30万人だといいますから、驚くべきギャップです。
こうしたことから推測して、全米オープンの今日の観客数も5万人規模ではないでしょうか。(全くの推測です。)
とにかく会場は人にあふれ、遊園地のような雰囲気です。
名物ホール(7番パー3)にも行ってみましたが、あまりの人だかりでグリーンすら見ることができませんでした。

 

 

 

◆ウッズ人気

 

今年復活優勝を果たしたタイガー・ウッズは圧倒的な人気です。
午前中は運よく18番のスタンド(ウッズは10番スタート)でウッズのプレーを見ることができましたが、午後はもう駄目でした。
ウッズの組の34ホール先の観戦スタンドはもう満席で行列待ちになっています。
ウッズの組に同行しているギャラリーは膨大な数でフェアウェイですら45重の人で取り巻かれています。
ウッズとスピースが同組だったこともあるでしょうが、人込みが苦手な私はあっさりと同行するのをあきらめました。

 

 

 

◆スマホ

 

昨年の全英オープンはカメラ撮影がゆるかったのが印象に残っています。(スイング中でなければOK)
今年は荷物検査の看板にカメラ持ち込み不可と書いてあったので、日本並み(コース内は全て不可。スマホすら使用不可)に厳しい規制があるのかと思いました。
しかし、会場内には記念撮影用のフレームが置かれていたり、観戦スタンドでも会場スタッフが観戦者の写真を撮ってあげたりしています。
はっきりしたルールはわかりませんが、プレーに支障がないかぎり撮影は許容されているようです。
欧米のスマホはシャッター音が出ないので皆さんプレー中でも普通に撮影していました。
スマホでネット接続するのを前提に全米オープンのアプリを会場内でもPRしていています。
ダウンロードすれば選手のプロフィールもわかりますし、何より現在の順位がリアルタイムでわかるので非常に便利です。
そんな理由からかリーダーズボードが全英オープンよりも少ないように感じました。
日本も時代に合わせてネット接続くらい認めてもよいのではないでしょうか。

 

 

 

◆コース

 

名門コースのペブルビーチはリンクスの名のとおり(リンクスの意味は海と陸を結ぶ土地)海に面しており景観が素晴らしいです。
素人目にもフェアウェイは狭く、ラフはきつく、グリーンが小さいです。
全英オープンの会場(セントアンドリュース)は平坦でしたが、こちらはかなり起伏があって、6番ホールのセカンド地点からの打ち上げなどは丘に向かって打つような感じです。
コースの詳しい解説はこちらをご覧ください。
https://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=126509

 

ペブルビーチのコースはメンバーシップではなく、位置づけとしてはパブリックコースです。ちなみにアメリカの独立記念日(7月4日)には、ペブルビーチで全米オープンと同じ設定(ピン位置やラフ等?)でプレーする宿泊プランがあるそうで、料金は2500ドルとのこと。

 

アメリカではお金さえあれば何でもできるようです。

 

 

 

◆終わりに

 

2年で全英オープンと全米オープンを観戦しました。
全然観戦好きではない私なのでまた行こうという思いはあまりないのですが、経験として一度くらいはよいかと思います。
総じて感じたのは日本に比べイギリスでもアメリカでもゴルフ観戦人気が高いということでしょうか。
日本のよい選手は男女を問わずアメリカに行ってしまうので仕方がない面もあります。
それに加えゴルフというスポーツがイギリスやアメリカでは日本に比べてずっと身近なものになっているように思います。
ゴルフは子供にとってマナーや忍耐力を養うよいスポーツです。
ゴルフ場の数では日本は世界第三位(2300コース)だといいますが、ゴルフ人口はどんどん減ってきています。
ゴルフ好きな私としてはゴルフが子供の頃から楽しめるスポーツになるよう、ゴルフ関係者の努力・くふうを願うばかりです。
(全米オープン観戦レポートから横道にそれてしまいました。)

 

ゴールデンウィーク・アプローチレッスン会(2019年)

5月5日、6日の二日間にわたって、丘の公園清里ゴルフコースのレストラン前、練習グリーンを開放していただき、アプローチレッスン会を開催しました。

寒かったり、暑かったり、小雨が降ったりと変わりやすい天気の中、たくさんの方にご参加いただき、普段なかなかできない「芝の上からのアプローチの練習」を堪能していただきました。

練習の後は腕試しのアプローチコンテストに挑戦、ドリンク券やプレーの割引券など、賞品をお持ち帰りいただきました。

スコットランドより~2018年全英オープンレポート~第三弾

  

白野さんから、カーヌスティで開催されている全英オープンの予選二日目の観戦レポートが届きました。この日は結構な雨ふりで、選手も観客も大変でしたが、試合の様子や会場の雰囲気が良く分かるので、ご覧になってください。

 

*********************************

 私はプロゴルフの試合(国内)を観たのは20年以上前に2回あるだけで、海外の試合はもちろん初めてです。
観戦の知識はほとんどないのですが、私なりに観 たこと、感じたことをレポートします。

*********************************

 

広大な駐車場がいくつか設けられており、ここに車を駐車し、シャトルバスで会場に向かいます。
入口では空港のようなセキュリティチェックがあり、いよいよ会場内へ。

 

会場に入るといろいろなブースが並んでいます。
スイングチェックができるブース、銀行やカード会社のブース(中で飲食できる?)等々。
また巨大な体育館のようなブースでは関連グッズを販売しています。

 

さて、ここから先は練習グリーンや本番の各ホールが近づいてきます。

 

ゴルフの試合会場内は撮影禁止と友人に聞いていたので、撮影はできないと思っていたのですが、会場内に撮影の注意事項を記載した看板がありました。
要するに、動画撮影はダメだけれど、写真撮影は条件付きでOKのようです。(No photography of play
会場スタッフの方に念のために確認しましたが、プレー中でもスイングに入る前や打ち終わったあとならばかまわないようで、日本の試合に比べてかなりおおらかです。
そんなわけで選手の練習風景や試合風景をいろいろと撮影することができました。

  

まずは試合前の練習風景です。
松山選手とウッズは同組(1020分スタート)なので同じような時間に練習していました。
当たり前ですが、プロの選手は念入りに練習するものです。体力温存のために最近はラウンド前に練習しない私とは大違いです。笑

 

さて、いよいよ本番のプレー観戦。
まずは1番ホールのティグラウンド。
スコットランドの名選手、サンディ・ライルがスタートする ところでした。(青いレインジャケットの選手)
まだ予選(2日目)で雨模様の天気もありスタンドはまばらでした。
このあたりから雨の降りが強くなってきたので、傘を持ってこなかった私はあっさり観戦を断念。

 
ピザ、ハンバーガー、ホットドック、サンドイッチ、ビール、ワイン等々飲食物の販売ブースがたくさんあり、中には体育館のような大きなものもあります。
この中で雨宿りしていましたが、たくさんの人でごった返していました。
中からでも外に設置してある巨大スクリーンを観て試合状況をチェックすることはできます。

  

午後1時過ぎくらいからようやく雨足が弱くなってきたので、ぶらぶらと会場内を観戦して回り、最後は 松山・ウッズ組に付いて回りました。
日本人としては気になる松山選手のプレーです。
前日+4と出遅れたのですが、今日は14番でイーグル、16番でバーディとスコアを3つ伸ばして+1として最終18番ホール。
ここでまさかの展開。
ティショットを左のラフに入れた松山選手は残り205Yを6番アイアンで打ちましたが、これが左サイドのOBゾーンへ。
私はこのとき18番のスタンドで見ていましたが、松山選手が打ち直しのボールを打ったことでOBを知りました。
松山選手は打ち直しのボールをグリーンエッジまで持ってきましたが、寄らず入らずで結局このホールは5オン・2パットで痛恨のトリプルボギー。
18番までの3アンダーを全てはきだしてトータル4オーバーと なり、1打及ばず予選落ちとなりました。
こうした光景を目の当たりにして、勝負ごとは最後まで何が起こるかわからないと痛感しました。
私も昨日は最終ホールまで絶好調で3オーバーできましたが、最後の最後にバンカーに入れて出すのに3回かかりました。笑
プロも素人も最後まで気を許せないのがゴルフです。

 

こうして初の全英オープン観戦は終了。
(感想その1)
雨模様だったせいもありますが、ゴルフ観戦は想像以上に疲れるものだと実感。
有名選手を間近に見れてドキドキして楽しい面もありますが、ショットやパットはテレビで見ていた方がよくわかります。
もちろん試合の雰囲気は楽しいのでたまーに観戦するのはありですが、自分でプ レーする方が私はずっと楽しいです。

 

(感想その2)
ゴルフは紳士のスポーツと言われています。
それゆえ試合観戦も紳士たちがマナーを守って観戦するのかと思っていましたが大違いでした。
動画撮影禁止にもかかわらず多くの人は当たり前のように動画撮影していました。
飲食できる場所は限られるのかと思っていましたが、多くの人は食べながら飲みながら喫煙しながらの観戦です。
ビール片手に人気選手を追いかけるなんて当たり前です。
最終18番ホールは巨大な観戦スタンドがグリーンを取り囲んでいますが、この光景をみてローマ帝国のコロッセオ(円形闘技場)を思い出しました。
当時は剣闘士が猛獣と戦ったのを市民が観戦したといいますが、どういうわけか 私はこのコロッセオを連想してしまいました。

  

以上が全英オープン観戦のレポートでした。

 

最後に、リンクスで何回かプレーし全英オープンを観戦したまとめです。
自分でプレーするのも全英オープンを観戦するのもどちらもお薦めですが、どちらかを選べといわれたらプレーの方をお薦めします。
リンクスでのプレーは新鮮な体験です。
かつてプロ野球のヤクルトでプレーしたホーナー選手は「地球の裏側にもう一つの違う野球があった」という言葉を残しました。
文化の違いに苦しんだホーナー選手が皮肉交じりに残した言葉です。
皮肉ではなく、ゴルフも地球の裏側にもう一つの違うゴルフがあることを知りました。
かつてタイガー・ウ ッズ選手が全英オープンで優勝したときは、ティショットでドライバーをたった1回しか使わなかったといいます。
リンクスには全く別のプレーの仕方があるのです。
猛烈に硬い地盤でのゴルフは、転がしが有効な「ゴロフ」です。
そして今まで目にしたことがないようなゴルフ場の風景にも圧倒されます。
是非体験することをお薦めします。

  

もちろん現地ツアーに乗っかってしまえば簡単でしょうが、手作りのリンクスツアーはもっと楽しいと思います。
たしかに実現のハードルは高いです。
私の場合は、たまたまアイルランド在住でゴルフ大好きな友人(日本人)がいたので、彼にまかせっきりで気楽なものでしたが、普通はなかなかそうはいきません。
現地在住でなくてもいいですが、こんな条件の人が必要です。
①英語がある程度できる ②ゴルフのことをよく知っている ③海外でもある程度自動車運転の経験がある
そういう人はなかなかいそうもないような気もしますが、探せば実は近くにいたりもします。

 

是非皆さんもリンクスでもう一つのゴルフを体験してみたらいかがでしょうか。

 

スコットランドより~2018年全英オープンレポート~第二弾

 

セントアンドリュースでプレーするのは、今日が最後となります。

 

今日プレーしたのは、Strathtyrumコース。
これまでプレーしたJUbileeコース(1897年オープン)、Newコース(1895年オープンといった遺跡?のようなコースとは異なり、1993年にオープンした新しいコースです。
見た目も平坦ですし、距離も短いです。(バックティ使用で5620Y、パー69)
最初のうちは例によってグリーンのかなり手前から攻めていましたが、全然転がらずにショートばかりしていました。
そうです、このコースの土はさほど硬くないのです。普通にグリーンにダイレクトにオンさせても大丈夫で、日本の 普通のゴルフ場とほぼ同じ感覚でプレーできることに途中で気づきました。
昨日までリンクスの厳しさに叩きのめされてきたのですが、多くの者が好スコアでプレーを終了しました。
私も不思議なほど安定したゴルフでパーオンを連発し、昨日よりも15打ほどスコアが改善しました。
やはり難しいコースを経験した効果なのでしょうか、あるいはゴルフの聖地からのご褒美だったのでしょうか。笑

 

このコースの隣(Edenコース)では昨日まで開催されていた世界ジュニアの大会のボードがまだ残っており、日本のKajitani選手が2位に入っていました。
また、Oldコースの脇には来週開催の全英シニアオープンのボードが設営されておりました。
全英オープンに合わせていろいろな大会を 開催しているようです。

 

プレー後は近くのセントアンドリュース大聖堂跡(12世紀頃のもの?)などを見学し、セントアンドリュースでの日程は終了。
明日はいよいよカーヌスティで開催されている全英オープンを観戦します。

 

スコットランドより~2018年全英オープンレポート~

 

白野さんより、昨日(7月19日)いただいたメールです。

 

 今回の旅行は、7/14にアイルランドのダブリンに到着し、7/1516とダブリンのリンクスでプレーしたあと、7/17にスコットランドに移動しました。

 

セントアンドリュースから30分ほどの町に滞在し、7/17はセントアンドリュースのジュビリー・コース、7/18はニュー・コースでプレーしました。

 

リンクスのラフの深さはある程度想像していましたが、グリーンやフェアウェイ の土の硬さは想像以上で、グリーンにダイレクトにオンしたボールは例外なく大きくこぼれてしまいます。グリーンを狙うときは2番手から3番手小さいクラブを持つようにしています。

ただ、自分の真っすぐ飛ばす技術の無さに少々自信喪失気味です。笑

 

全英オープンは明日(7/20)観戦予定ですので、またレポートを送ります。

セントアンドリュース・オールドコースのティーグラウンドの写真、17番ホールのホテルの写真(隣接するニュー・コースから撮影)等を添付します。

 

 (岩原注: セントアンドリュース・リンクスには、全英オープンが開催されるオールド・コースを中心に、6つのゴルフコースがあります。今回全英オープンが開催されているのは、セントアンドリュースではなく、カーヌスティです。)

 

 

写真①  

左側にセントアンドリュースの街、右側にオールドコース・ホテル。

 

 

写真②  

リンクス全体の地図。

 

 

写真④  

 ニュー・コースより見た、オールドコース・ホテル。

 

春のアプローチレッスン会(2018年)

五月の連休、3日、4日の二日間、清里丘の公園レストラン前の練習グリーンで、アプローチレッスン会が開催され、多くのお客様にご来場いただきました。

この二日間は、通常アプローチ禁止の練習グリーンに三か所のホールが作られ、様々な距離のアプローチを練習しました。

強風が吹いた時間帯もありましたが、概ね好天に恵まれ、賑やかなレッスン会になりました。

レッスンの後はアプローチコンテストに参加、いろいろ賞品をお持ち帰りいただきました。

レッスンの後にラウンドされ、「アプローチ、上手く行きました!」と報告してくださるお客様もあり、練習していただいた甲斐の感じられた二日間でした。

クリスマスパーティ

清里スクール・クリスマス会

2017129日 岩原自宅に於いて。

 スクール生の皆様、今年もお世話になりました。楽しいゴルフの一年だったでしょうか。

 恒例の岩原自宅のクリスマス会は、おしゃべり有り、生演奏付きのカラオケありで、楽しいひと時でした。皆さんお酒も入って、すっかり盛り上がりました。

この勢いで、来年春からのコースでのラウンドに備え、この冬の間、しっかり練習しておきましょう。

第8回秋のスクールコンペが開催されました

2017年11月17日(金)、秋晴れの中、第8回秋のスクールコンペが参加者17名で開催されました。朝のうちは冷たい風が吹いていましたが、徐々に風も止み、気持ちのいい1日でした。参加者一同、それぞれのハンディキャップで日頃の練習の結果を出すべく、頑張りました。

今回は「持ちハンディキャップでネットパープレイを目指す」を目標としてプレーしてもらいました。その結果、トップ10までがネット70台、三人の方がアンダーパーと、好成績でした。

上位成績は以下の通りです。

優勝   保坂 てるみ   70

準優勝  池田 正彰    71

第三位  小松 えり子   71

第四位  春日井 美保   72